2016年06月21日

MariaDBでSQLを学ぶ [使用中データベース確認編]

開発中にDBを直接操作してデータを弄る際、使用するDBを何度も切り替えていると、現在どのDBを弄っているのかわからなくなることがあります。
もし重要なDBを確認のために開いていて、その後間違って操作などしてしまったらやはり絶望しかありません。

Vagrantなどを利用して安全に操作するのが望ましいですが、いろいろと面倒なので、現在操作しているDBを確認してから操作するといいのではないでしょうか。

なお、MariaDBでは最初から画面に使用中のデータベース名が表示されていますので、Mysqlなどを使っている時に使います。

現在使用しているDBを確認する

以下のコマンドで確認が可能です。

  • SELECT database();
  • SHOW PROCESSLIST;

SELECT database();

使用中のDBがとても簡易に表示される。

MariaDB [hakozaru]> SELECT database();
+------------+
| database() |
+------------+
| hakozaru   |
+------------+
1 row in set (0.00 sec)

SHOW PROCESSLIST;

現在の状態が詳細に表示される。

MariaDB [hakozaru]> SHOW PROCESSLIST;
+----+------+-----------+----------+---------+------+-------+------------------+-----------+---------------+
| Id | User | Host      | db       | Command | Time | State | Info             | Rows_sent | Rows_examined |
+----+------+-----------+----------+---------+------+-------+------------------+-----------+---------------+
|  2 | root | localhost | hakozaru | Query   |    0 | init  | SHOW PROCESSLIST |         0 |             0 |
+----+------+-----------+----------+---------+------+-------+------------------+-----------+---------------+
1 row in set (0.00 sec)