2016年04月01日

現状とこれからの展望

これからこのブログを更新していくにあたり、何か当面の目標となるものを定めておいた方がいい気がしているので、簡単に今できることと、これからできるようになりたいことを書いておこうと思う。

現状

  • Rubyが少し使える
  • Railsが少し使える
  • JSが少し使える
  • 既存機能の改修が少しできる
  • 既存機能に+αした機能追加が少しできる

これからの展望

  • オブジェクト指向の完全な理解
  • Rubyでメタプロとかも使えるようになる(Rubyの言語仕様を深く把握)
  • Railsを使いこなせるようになる(Routes, migrate, ARなど)
  • DBが使えるようになる(SQLなど)
  • JSが使えるようになる(Vue.jsとか色々)
  • インフラの理解(アプリの動作に必要なもの)

まとめ

  • Ruby/Rails共に基本的な部分はわかっているが、まだまだ使いこなせているとは言えない
  • アプリの部分的な改修や、小さい機能の追加などはできるが、アプリのコアとなる部分の設計/開発はできるとは言えないレベル
  • RailsはMVCの役割は理解できているが、Routesを自由自在に扱ったり、ARを自在に操ったりはできていない
  • 目下必要な知識としてはRuby, Rails, JSの優先度が高い
  • DBやインフラはその後

とりあえず今思いつくのはこんなところでしょうか。
できれば年に数回はこんな感じの記事を作って定期的に振り返ろう。