2016年04月11日

FTPソフトを使ってWordPressを弄る!Xserver編

以前WordPressの管理画面でメディアを追加ボタンなどが動作しない!とか、バックアップ取るぜ!とかの記事を書きましたが、その時FTPソフトを使用して自分のWordPressのデータが保管されているサーバにアクセスして設定を弄ったり、ファイルをダウンロードしたりしました。

普通に運営するだけであれば、FTPでアクセスしてファイルを更新なんてしなくても大丈夫なのですが、WordPressやHTML、CSS、PHPの知識が増えるにつれ、もっと高度な改造がしたい!と思うようになるかもしれません。
そうなるとFTPでファイルを弄ることになると思いますので、使い方を書いておきます。
(そんなレベルの人がFTPの使い方を知らないとは思えませんがw)

ちなみに私はXserverと言うところでサーバを借りています。

FTPソフトのダウンロード!

既にテキストエディタとして使用しているCoda2と言うソフトにFTP機能が付属しているのでそれを使おうとしたのですが、どうにもこうにも接続できなかったので諦めてCyberduckをダウンロードして使うことにしました。

MacではFTPソフトの選択肢が少ないっぽいので、フリーで割と有名なこれを使いましたが、WindowsならFFFTP一択だと思います。

なお、インストール作業がないので、解凍したら即使えます。 いい子。
解凍したら忘れずにアプリケーションフォルダへ入れておきましょう。

FTP接続情報を確認!

このFTPを接続するための情報は、契約しているサーバなどによって設定が当然異なります。
なのでよくわからない場合は、サーバのヘルプページ等が必ずありますので、参照してみてください。
と言うわけで、FTP接続情報を集めます。

1. ログイン画面の左メニューから、無料レンタルサーバを選択。

2. WordPress管理パネルへログイン。

3. 管理画面から「設定」を選択。

4. FTPアカウント設定を選択。

5. FTP情報が表示されます。

ここに表示されている情報をもとに、CyberduckにてFTP接続を行います。

Cyberduckで接続!

Cyberduckを起動すると、左上に地球のアイコンに緑のプラスマークが描かれた「新規接続」ボタンがあるので押します。
すると以下のような画面になるかと思います。

ここで入力する項目は以下のとおりです。 1. 「サーバ」 ・・・ これは先ほどのxdomainの画面にある「FTPホスト名」を入力します 1. 「ユーザ名」 ・・・ これは「FTPアカウント名」を入力します 1. 「パスワード」 ・・・ ここには先ほどのFTP情報画面の最下段にある「メニュー」から、任意のパスワードを設定し、入力します。

以上の項目を入力し終えたら「接続」を押してサーバと接続してください。
入力内容が間違っていなければ、サーバにあるファイルの一覧が表示されます。

以上でFTPによる接続は完了です!
あとはテンプレをいじるなり、好きなようにカスタマイズすることが可能です!
お疲れ様でした!