2015年09月26日

内定とその後。

2015/09/24

2015年9月24日昼過ぎ、メールで採用通知をいただきました!
雇用条件なども記載されていましたが、とにかく何よりもソフトウェア開発に携われる事が嬉しい!ってことで頭がいっぱいでした。

まさかこんなほぼ未経験の他世界の人間が応募1社目で内定まで辿り着けるとは思ってませんでしたが、何十社も調べた上で入りたいと思って応募した会社だったので、めちゃくちゃ嬉しいです!
募集条件を一つも満足に満たしていない絶望の状況からの応募でしたが、いろいろ策を弄したのが功を奏したようです。

入社希望日は既に伝えてありましたので、入社日はその日に指定されていましたが、現在の会社に話をしなければいけないので、返事はまだしておりません。
もしかしたら思わぬ引き継ぎがあって、今の入社希望日が厳しいかもしれませんので。
嬉しくても現在の会社への今までの恩を忘れてはなりません、本当に様々な貴重な経験をさせていただいた大好きな会社ですので。
調整は慎重に。

2015/09/25

と言うことで翌25日、早速上司に退職の意を伝えてきました。
とてつもない引き止めにあってしまい、最終決定を週明けまで伸ばしてしまったのは情けない・・・。
上長と話し合う中で、物凄く評価してもらえていたのは嬉しい誤算でしたが、気持ちが変わることはありません。

会社で思った「プログラムが楽しい」と言う動機で全てが始まりましたが、それはこの5ヶ月ほどで「swiftとかRubyで何かを作るのが楽しい」とより具体的に変わっていきました。(Rubyはまだ「楽しそう」って段階ですけどw)

今はただこの自分の直感に従って新しい世界に特攻をかけようと思います。
本当にいくつかの偶然が重なってたまたま知ることができた世界でしたが、どうにかこうにかスタートラインへの扉はこじ開けることができました。

最後に

さて、プログラムと自身に関わるログを2015年の5月より残してきたこのブログですが、そもそも始めたきっかけは2つの目標の達成を目指してのアレやコレを記録しようと思ったのが始まりでした。
従って目標2の達成と言う今回の記事は、最終回と呼ぶにふさわしいほどに重要なわけです。

しかし、上でも書いたように、ようやくスタートラインに立てただけです。
つまりまだまだ戦いは続きます、現状何もできないと言っても良い自分は、出遅れた分だけ人より激しく戦わなければなりません。
であればまだまだ書くことには事欠かないでしょう。
転職関連のエントリーは今回で(たぶん)終了ですが、プログラムに関することは今後も記録に残していこうと思います。

と言うことで、今後も引き続き素人の奮闘記をお楽しみください笑