2015年07月22日

ローカルにWordPressの環境を構築する! Part2.

前回XAMPPのインストールまで行いましたので、今回はターミナルを使ってXAMPPのセキュリティ設定を行います。
セキュリティは試験環境と言えど軽視しないようにしましょう!
多くの初心者を葬ってきた、通称黒窓さんが出てきますが、恐れず一つずつ進んで行きましょう。

この記事でやること

  1. XAMPPのセキュリティ設定

ここまでできれば残りはWordPressのインストールのみなので、サクサクやっちゃいましょう。

セキュリティを設定していく

セキュリティの設定はターミナルと言うソフトで行います。
Windowsで言うところのコマンドプロンプトですね。
Launchpadからターミナルを起動してください。
img

起動するとこんな感じになると思います。
ちなみにターミナルはフォントとか背景色とか透過率とか、いろいろカスタマイズできるので、弄ってみると楽しいと思いますよ!

それではここにコマンドを入力していきます。
まず、管理者権限でコマンドを実行したいので、以下の管理者にログインするコマンドを入力します。(1行目)
エンターを押すと、パスワードの入力を求められるので、Macにログインする時のパスワードを入力します。(2行目)
パスワードの認証が完了すると、文頭がsh-3.2#(3行目)になります。

su
Password:
sh-3.2#

これで管理者によるコマンドの実行が可能になったので、セキュリティ設定のコマンドを実行していきます。
以下のコマンドを実行して、セキュリティ設定タスクを実行します。

/Applications/XAMPP/xamppfiles/xampp security

実行すると勝手にターミナルに文字が表示されていきますので、指示に従いパスワードを設定していきます。

XAMPP:  Quick security check...
XAMPP:  Your XAMPP pages are NOT secured by a password.
XAMPP: Do you want to set a password? [yes] yes //パスワード設定するので、yesと入力します。
XAMPP: Password:  //任意のパスワードを入力します。
XAMPP: Password (again):  //再度パスワードを入力します。

ここまで入力すると、MySQLをネットワークで使えるようになりますが、これは推奨していません!と表示され、設定をオフにしますか?と聞かれますので、yesと答えておきましょう。

Password protection active. Please use 'xampp' as user name!
XAMPP:  MySQL is accessable via network. //ネットワークで使えるよ!
XAMPP: Normaly that's not recommended. Do you want me to turn it off?  [yes] yes //だが推奨はしない!ので切ります。
XAMPP:  Turned off.
XAMPP: Stopping MySQL...ok.
XAMPP: Starting MySQL...ok.

次はphpMyAdminのパスワードを設定します。

XAMPP: The MySQL/phpMyAdmin user pma has no password set!!!
XAMPP: Do you want to set a password? [yes] yes //yes
XAMPP: Password:  //入力
XAMPP: Password (again): //入力
XAMPP: Setting new MySQL pma password.
XAMPP: Setting phpMyAdmins pma password to the new one.

さらにMySQLのパスワードも設定しろと言われるので入力します。

XAMPP:  MySQL has no root passwort set!!!
XAMPP: Do you want to set a password? [yes] yes //yes
XAMPP: Write the password somewhere down to make sure you wont forget it!!!
XAMPP: Password: //入力
XAMPP: Password (again): //入力
XAMPP:  Setting new MySQL root password.
XAMPP:  Change phpMyAdmin's authentication method.</code></pre>

FTPのパスワードも変更します!

XAMPP:  The FTP password for user 'daemon' is still set to 'xampp'.
XAMPP: Do you want to change the password? [yes] yes //yes
XAMPP: Password:  //入力
XAMPP: Password (again):  //入力
XAMPP: Reload ProFTPD...not running.
XAMPP:  Done.

最後に、Application/XAMPP/xamppfiles/phpmyadmin/config.inc.phpの33行目にもパスワードを入力します。

$cfg['Servers'][$i]['password'] = 'パスワード入力'; //33行目

このconfig.inc.phpが編集できない場合は、アクセス権がないものと思われます。
config.inc.phpを右クリック→情報を見る→出てきたウィンドウの一番下のアクセス権を全員読み書きできるように設定してください。(鍵のマークをクリックすれば編集できるようになります。)

img

これでセキュリティ設定が全て完了しましたので、XAMPPのメニューから確認してみましょう。 セキュリティページが以下のようになっていれば完了です!

img

いよいよ次回、WordPressをインストールしていきます!